宇治小倉こども相談室

宇治小倉こども相談室 モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

宇治小倉こども相談室

〒611-0042
京都府宇治市小倉町中畑60-21
TEL 0774-23-6307
FAX 0774-23-6307

問い合わせはこちらから
 お子さまの学習・不登校・子育てで,不安や悩みはありませんか。

 学習の相談では,個別や自主学習のお手伝い。行きしぶりや引きこもりの相談では,お子さまへの関わり,こだわりや落着きがないなど子育ての相談では,対応を一緒に考えます。

 和風の一軒家で,穏やかで豊かな時間を過ごしませんか。まずは,お話を聴いて,相談室でできることを,一緒に考えます。

 初回の相談は,無料です(要予約)。見学もOKです。ご気楽にご連絡ください。

 なお,来室された保護者の方やその相談内容は守秘義務を厳守します。

 令和2(2020)年4月開設



最新情報

2020.09.12 最新の記事 親の相談室(こどもがゲームを止めない)を掲載しました。
2020.09.05 最新の記事 親の相談室(こどもがひどく痩せてきた)を掲載しました。
2020.08.29 最新の記事 親の相談室(こどもが家出をする)を掲載しました。
2020.08.20 最新の記事 親の相談室(こどもが頻繁に手を洗う)を掲載しました。
2020.08.18 プレイルームを整備しました。明るく広くなりました。
2020.08.05 最新の記事 親の相談室(こどもが話を聞いてくれないという)を掲載しました。
2020.07.29 最新の記事 親の相談室(こどもが思春期なのかもしれない)を掲載しました。
2020.07.28 プレイルームにビリヤードが入りました。
2020.07.16 最新の記事 親の相談室(こどもが学習障害かもしれない)を掲載しました。
2020.07.10 最新の記事 親の相談室(こどもが場面緘黙かもしれない)を掲載しました。
2020.07.02 最新の記事 親の相談室(こどもが発達障害かもしれない)を掲載しました。
2020.06.23 最新の記事 親の相談室(こどもがチックかもしれない)を掲載しました。
2020.06.16 最新の記事 親の相談室(こどもがリストカットをする)を掲載しました。
2020.06.09 最新の記事 親の相談室(こどもがいじめをした)を掲載しました。
2020.06.02 最新の記事 親の相談室(こどもが死にたいという)を掲載しました。
2020.05.27 最新の記事 親の相談室(こどもが家のお金を持ち出す)を掲載しました。
2020.05.21 最新の記事 親の相談室(こどもがうそをつく)を掲載しました。
2020.05.20 日本臨床心理士会のホームページの「臨床心理士に出会うには」において宇治小倉こども相談室が掲載されました。
2020.05.19 Menuに「受付時間」の項目を設けました。
2020.05.16 最新の記事 親の相談室(オンラインの授業構想)を掲載しました。
2020.05.12 最新の記事 親の相談室(巣ごもりと引きこもり)を掲載しました。
2020.05.07 最新の記事 親の相談室(ピンチはチャンス)を掲載しました。
2020.04.30 最新の記事 親の相談室(こどもが兄弟げんかをする)を掲載しました。
2020.04.23 最新の記事 親の相談室(正しいことはたくさんある)を掲載しました。
2020.04.18 最新の記事 親の相談室(非日常とストレス)を掲載しました。
2020.04.10 最新の記事 親の相談室(新型コロナと不登校)を掲載しました。
2020.04.08 新型コロナウィルスの拡大に配慮して,当分の間,平日は水曜日を閉室します。めどとしては、5月の初旬ぐらいまでを考えています。ご迷惑をお掛けします。
2020.04.03 Menuの「よくあるご質問」に,[JR小倉駅や宇治幼稚園からどう行けばいいですか?]という項目を設けました。
2020.04.01 こども相談室を開設しました。
2020.03.25 ホームページを公開しました。

最新の記事 親の相談室(こどもがゲームを止めない)2020.9.12


 オンライン化でゲームが,ますます進化しています。また,世界的な規模で「eスポーツ」などの競技が行われており,職業化しつつあるようなゲームも現れてきています。 
 しかしながら,本来ゲームは,楽しむのであり人生の糧にもなりうるものですが,ゲームに没頭し,巻き込まれてしまうことも起こっています。ゲームに依存し,生活が乱れてしまうこどもも大人もが増えてきています。

 現実には,ゲームに依存しているこどもがいる家庭は,どんな状態になっているのでしょうか。思い浮かぶことは,こどもが部屋に引きこもっていることです。親子の交流も拒絶をしています。時には,こどもの部屋の壁に穴が開いています。食事も,こどもの部屋の前に置くだけです。
 最初から,そうではありません。不登校やいじめなどの経験や親子間のバトルなどが原因で,徐々にそうなっていったのでしょう。こどもも大変ですが,親も大変です。

 ところで,最近WHOでも話題になっていたのですが,ゲームで生活が乱れているこどもは,ゲーム依存症を意識します。「ゲーム脳」のようになっていて,ゲームに没頭し,ゲームに依存し,イライラして,キレやすくなっている状態にあることです。
 大人にあるよくあるアルコールやギャンブル,薬物などの依存症に近い状態です。この状態では,治療を必要とします。ゲーム依存症は,長期にわたる治療や対応することが必要となってきます。
 実際は,たいがいのこどもは治療まで必要になってくることはありませんが,どのこどももゲーム依存症になる可能性はあります。

 では,ゲームに熱中しているこどもがゲームに巻き込まれずに,依存症にならないようにするどうすればいいのでしょうか。ただ単にゲームを止めなさいとか,時間を決めてしなさいとかいう対応ではなく,こどもの将来や夢を考慮したゲームの約束事を家族でつくることでしょうか。
 ゲームを起因とする「イライラ」や「倦怠感」にも,親はしっかりとした「壁」になることが必要でしょう。こどもがゲームに没頭するきっかけとなったしんどさは何か,それと共に向き合うことなどが必要となってきます。

 今は,不登校と共に,ゲーム依存も,社会の深刻な問題となっています。コロナ禍にある今こそ,こどもを守るという意味でも,ゲームに振り回されているこどものしんどさに向き合うことが大事ではないでしょうか。




*以前の記事 [親の相談室] は,メニューにあります。

*下記からも,以前の記事 [親の相談室] を読むことができます。
 ・「2020年8月~」の記事(傾聴・手洗い強迫・家出・摂食障害存など)→こちらをタップ
 ・「2020年4月~7月」の記事(不登校・発達障害・学習障害・いじめ・リストカット・場面緘黙・思春期など)→こちらをタップ



学習 不登校 子育て相談


 豊かな臨床経験や教師経験のあるスタッフが,まず,保護者のお話を聴いて,どうすればいいのか,一緒に考えていきます。保護者やお子さまのカウンセリングをはじめ,学習では個別対応,不登校では居場所の提供,あるいは,専門機関の紹介等を行います。

 開設時間は,平日午後1時から午後6時となります。しかし,予約の相談は,保護者やお子さまの希望により,別途時間を設けることもできます。(当分の間,水曜日は閉室させていただいています。ご迷惑をおかけしてしています。)


 なお,宇治小倉こども相談室は,日本臨床心理士会のホームページの「臨床心理士に出会うには」において掲載されています。

代表について


 代表(西迫達夫)は、京都市のこども相談センターパトナで,指導主事・専門主事・カウンセラーとして,こどもや保護者のカウンセリングをはじめ,先生方の研修や相談を担当してきました。

 同志社大学を卒業後,京都市立の教員として採用されました。
 臨床心理学は,京都大学大学院に研修員として派遣されて学び,のち相談課でカウンセリングを担当することになりました。
 パトナの設立と同時に転勤し,勤務しながら京都教育大学大学院を修了して,臨床心理士の資格を取得しました。

 なお,写真は,旅行した台湾の地下鉄です。日本に好意的な台湾の人々の丁寧な対応に感謝し,穏やかで,温かい気持ちのままに帰国しています。
お問い合わせ
地域に貢献したい 
Psychological Services Office