宇治小倉こども相談室

宇治小倉こども相談室 モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

宇治小倉こども相談室

〒611-0042
京都府宇治市小倉町中畑60-21
TEL 0774-23-6307
FAX 0774-23-6307

問い合わせはこちらから
 お子さまの学習・不登校・子育てで,不安や悩みはありませんか。

 学習の相談では,個別や自主学習のお手伝い。行きしぶりや引きこもりの相談では,お子さまへの関わり,こだわりや落着きがないなど子育ての相談では,対応を一緒に考えます。

 和風の一軒家で,穏やかで豊かな時間を過ごしませんか。まずは,お話を聴いて,相談室でできることを,一緒に考えます。

 初回の相談は,無料です(要予約)。見学もOKです。ご気楽にご連絡ください。

 なお,来室された保護者の方やその相談内容は守秘義務を厳守します。

 令和2(2020)年4月開設



最新情報

2021.05.12 最新の記事 親の相談室(こども同士で階級があるみたい)を掲載しました。
2021.04.24 最新の記事 親の相談室(こどもが感受性の強いHSPかもしれない)を掲載しました。
2021.04.09 最新の記事 親の相談室(こどもがコロナ過に順応するのが大変だった)を掲載しました。
2021.03.25 最新の記事 親の相談室(元気だけど,こどもにPTSDってあるの)を掲載しました。
2021.03.10 最新の記事 親の相談室(こどもがコロナを過剰に怖がる)を掲載しました。
2021.02.24 最新の記事 親の相談室(こどもが起立性調節障害と診断された)を掲載しました。
2021.02.11 最新の記事 親の相談室(こどもが公共機関の乗り物に乗れない)を掲載しました。
2021.01.31 最新の記事 親の相談室(こどもが髪の毛を抜いている)を掲載しました。
2021.01.22 最新の記事 親の相談室(こどもがあいさつできない)を掲載しました。
2021.01.10 最新の記事 親の相談室(こどもが面白くないやる気がでないという)を掲載しました。
2020.12.30 最新の記事 親の相談室(子育てに自信がもてない)を掲載しました。
2020.12.25 12月28日から1月3日まで閉室させて頂きます。なお、ご相談があれば、HPの「お問い合わせ」の留守電かメールをご利用ください。折り返し連絡をいたします。
2020.12.20 最新の記事 親の相談室(こどもが人の気持ちを察するができない)を掲載しました。
2020.12.10 最新の記事 親の相談室(心療内科でこどもに服薬をすすめられた)2020.12.10を掲載しました。
2020.11.29 最新の記事 親の相談室(登校刺激をどういうふうにすればいいの)を掲載しました。
2020.11.21 最新の記事 親の相談室(こどもがなんでも親が悪いと攻撃してくる)を掲載しました。
2020.11.08 最新の記事 親の相談室(こどもが引きこもる部屋の壁に穴があいている)を掲載しました。
2020.10.30 最新の記事 親の相談室(大事な人がいなくなるかもしれないと不安がる)を掲載しました。
2020.10.30 Menuに「アクセス・写真」の項目を設けました。
2020.10.22 最新の記事 親の相談室(こどもを虐待していないか心配になる)を掲載しました。
2020.10.11 最新の記事 親の相談室(こどもの学級が荒れて登校を渋る)を掲載しました。
2020.10.03 宇治小倉こども相談室のHPと代表のFacebookがリンクしました。
2020.10.01 最新の記事 親の相談室(こどもが夜中に泣き叫ぶ)を掲載しました。
2020.09.20 最新の記事 親の相談室(こどもが何かが見えるという)を掲載しました。
2020.09.12 最新の記事 親の相談室(こどもがゲームを止めない)を掲載しました。
2020.09.05 最新の記事 親の相談室(こどもがひどく痩せてきた)を掲載しました。
2020.08.29 最新の記事 親の相談室(こどもが家出をする)を掲載しました。
2020.08.20 最新の記事 親の相談室(こどもが頻繁に手を洗う)を掲載しました。
2020.08.18 プレイルームを整備しました。明るく広くなりました。
2020.08.05 最新の記事 親の相談室(こどもが話を聞いてくれないという)を掲載しました。
2020.07.29 最新の記事 親の相談室(こどもが思春期なのかもしれない)を掲載しました。
2020.07.28 プレイルームにビリヤードが入りました。
2020.07.16 最新の記事 親の相談室(こどもが学習障害かもしれない)を掲載しました。
2020.07.10 最新の記事 親の相談室(こどもが場面緘黙かもしれない)を掲載しました。
2020.07.02 最新の記事 親の相談室(こどもが発達障害かもしれない)を掲載しました。
2020.06.23 最新の記事 親の相談室(こどもがチックかもしれない)を掲載しました。
2020.06.16 最新の記事 親の相談室(こどもがリストカットをする)を掲載しました。
2020.06.09 最新の記事 親の相談室(こどもがいじめをした)を掲載しました。
2020.06.02 最新の記事 親の相談室(こどもが死にたいという)を掲載しました。
2020.05.27 最新の記事 親の相談室(こどもが家のお金を持ち出す)を掲載しました。
2020.05.21 最新の記事 親の相談室(こどもがうそをつく)を掲載しました。
2020.05.20 日本臨床心理士会のホームページの「臨床心理士に出会うには」において宇治小倉こども相談室が掲載されました。
2020.05.19 Menuに「受付時間」の項目を設けました。
2020.05.16 最新の記事 親の相談室(オンラインの授業構想)を掲載しました。
2020.05.12 最新の記事 親の相談室(巣ごもりと引きこもり)を掲載しました。
2020.05.07 最新の記事 親の相談室(ピンチはチャンス)を掲載しました。
2020.04.30 最新の記事 親の相談室(こどもが兄弟げんかをする)を掲載しました。
2020.04.23 最新の記事 親の相談室(正しいことはたくさんある)を掲載しました。
2020.04.18 最新の記事 親の相談室(非日常とストレス)を掲載しました。
2020.04.10 最新の記事 親の相談室(新型コロナと不登校)を掲載しました。
2020.04.08 新型コロナウィルスの拡大に配慮して,当分の間,平日は水曜日を閉室します。めどとしては、5月の初旬ぐらいまでを考えています。ご迷惑をお掛けします。
2020.04.03 Menuの「よくあるご質問」に,[JR小倉駅や宇治幼稚園からどう行けばいいですか?]という項目を設けました。
2020.04.01 こども相談室を開設しました。
2020.03.25 ホームページを公開しました。

最新の記事 親の相談室(こども同士で階級があるみたい)2021.5.12 更新


 感染者の高止まり,重症者の増加で,コロナ対策の緊急事態宣言が延長されることになりました。京都府もその宣言の対象県となっています。近隣県である大阪府の感染者の多さがとても気になっています。

 緊急事態宣言の延長が発表されるやいなや,飲食関係の方々から「生活ができない」との報道がなされています。即宣言延長の問題点を指摘されています。あらゆるマスメディからの政策へのダメ出しが始まります。「延長の決断が遅かった。前と同じ宣言ではだめだ。」と国会でも野党が同じことを言っています。

 ところで,パラ・オリンピックまであと2か月です。JOCも政府も開催の決断を迫られています。無観客での開催かと思っていたのですが,世界のマスメディアの開催への不安が報道されるやいなや,日本のマスメディアも野党も,一斉に感染者数増加を指摘し「それでも開催するのか。」と関係者を問い詰めています。開催への不安を煽っているような感じもします。

 もし,パラ・オリンピックを開催しないとなれば,今度は「どうしてできないのか。」と迫ってくるのでしょう。「するという決断」も「しないという決断」もできない状態となっています。「どっちもだめ。」という感じさえしています。

 このしんどい状態を「ジレンマ」と言います。ここには,理論を通せないしんどさがあります。マスメディアの立場の強さを感じます。多少は違う感じもしますが,マスメディの立場の強さによる世論操作も意識してしまいます。

 前置きが長くなりましたが,「ジレンマ」のようなしんどいことが,学校でしばしば見受けられてきました。こどもたちの間に,なんとなくできあがった「階級」「ランク」付けです。これは明らかに存在しています。

 十数年前に話題になった「スクールカースト」です。インドの身分制度であるカースト制度のカーストです。いいかえれば,「ヒエラルキー(階級)」と言った方が分かりやすいでしょうか。こどもの間に「順番」「序列」があることです。

 立場が強い,押しの強いということで,それだけでその意見が通ってしまうことです。下のランクにあるこどもの「まっとうな意見」が通らない,ちょっとでも意見を言おうならばそれだけで周りから一斉に批判を受けることがあります。これだけでなくいじめの対象となることもあります。

 そういう「ランク付け」が小学校への入学時の頃に始まり,その後長く続くことになります。「1小1中」では,それが中学校でも続きます。1つの小学校から1つの中学校にそのまま上がることですが,小学校でできたランクがそのまま中学校でも引き継がれることになります。最近の流行のようになっている小中一貫校でも似たようなことが起こっています。

 「スクールカースト」「ヒエラルキー」が学校に存在することを,改めて先生方に意識をして欲しいと思っています。「こども同士で階級があるみたい。」と思った時は,是非先生に相談を持ちかけて下さい。








 










 

*以前の記事 [親の相談室] は,
 Menu(メニュー)にあります。
 (毎月数回更新しています。)


*下記からも,以前の記事 [親の相談室] を
 読むことができます。

 ・「2021年4月~」の記事
 (感受性が強いHPSについて・
  こどもがコロナに順応できない)
  →こちらをタップ
 
 ・「2020年12月~3月」の記事
 (こどものPTSDについて・
  コロナを極端に怖がる・
  起立性調節障害について・
  公共機関を利用できない・
  抜毛について・
  挨拶ができない・
  面白くないという・
  子育てに自信がもてない・
  人の気持ちを察しない
  こどもの服薬について)
  →こちらをタップ

 ・「2020年8月~11月」の記事
 (登校刺激をどうする・
  親が悪いと攻撃する・
  部屋の壁に穴があいている・
  喪失の不安について・
  虐待していないか不安だ・
  学級が荒れている・
  夜泣きをする・
  幻覚や幻聴について・
  ゲーム依存について・
  摂食障害・家出をする・
  手を洗う強迫について・
  話の聴き方について)
  こちらをタップ

 ・「2020年4月~7月」の記事
 (思春期について・
  学習障害について・
  場面緘黙について・
  発達障害について・
  チック・リストカット・
  いじめ・死にたいという・
  家のお金を持ち出す・
  うそをつく・巣ごもり・
  兄弟げんかについて・
  不登校とコロナについて
  など)
  こちらをタップ



もみじの花

学習 不登校 子育て相談


 豊かな臨床経験や教師経験のあるスタッフが,まず,保護者のお話を聴いて,どうすればいいのか,一緒に考えていきます。保護者やお子さまのカウンセリングをはじめ,学習では個別対応,不登校では居場所の提供,あるいは,専門機関の紹介等を行います。

 開設時間は,平日午後1時から午後6時となります。しかし,予約の相談は,保護者やお子さまの希望により,別途時間を設けることもできます。(当分の間,水曜日は閉室させていただいています。ご迷惑をおかけしてしています。)


 なお,宇治小倉こども相談室は,日本臨床心理士会のホームページの「臨床心理士に出会うには」において掲載されています。

代表について


 代表(西迫達夫)は、京都市のこども相談センターパトナで,指導主事・専門主事・カウンセラーとして,こどもや保護者のカウンセリングをはじめ,先生方の研修や相談を担当してきました。

 同志社大学を卒業後,京都市立の教員として採用されました。
 臨床心理学は,京都大学大学院に研修員として派遣されて学び,のち相談課でカウンセリングを担当することになりました。
 パトナの設立と同時に転勤し,勤務しながら京都教育大学大学院を修了して,臨床心理士の資格を取得しました。

 なお,写真は,旅行した台湾の地下鉄です。日本に好意的な台湾の人々の丁寧な対応に感謝し,穏やかで,温かい気持ちのままに帰国しています。


  →こちらをタップしていただくと
 代表のFacebook にリンクします。
お問い合わせ
地域に貢献したい 
Psychological Services Office